多国籍企業の会計―グローバル財務報告と基準統合

  • 書籍品切れ中

リー・H・ラデボー
シドニー・J・グレイ
アーヴィン・L・ブラック
小津 稚加子 監訳
定価:6,820円(税込)

発行日:2007/08/28
A5判 / 560頁
ISBN:978-4-502-27690-3

ただいま品切れ中です

入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

  • ただいま品切れ中です

    入荷をお待ちの方は、
    お気に入りリストへご登録ください

本の紹介
International Accounting and Multinational Enterprises,6ed.の邦訳。国際的に事業展開する企業の財務諸表分析や実例により、会計の国際統合にかかわる諸問題を読み解く国際会計テキスト。

目次


多国籍企業の会計―グローバル財務報告と基準統合
目次

 日本語版への序文

 はしがき

第1章 国際会計と国際ビジネス
  □本章の目的
  □学習のポイント
 はじめに
 1.会計学の国際的な発展
 2.各国会計システムの相違
 3.国際ビジネスの進展と意義
 4.国際的な関わりの形態
 5.環境の会計への影響
 6.重要な発展要因
 7.会計責任と多国籍企業
 8.国際ビジネスの会計的側面
 9.国際会計領域
 要  約
  □議  論
  □研究問題
  □事例:Toyota のグローバル展開
  [参考文献]

第2章 国際会計の類型,文化,発展
  □本章の目的
  □学習のポイント
 はじめに
 1.会計システムの国際的分類の目的
 2.会計および報告システムの分類
 3.文化の会計システムへの影響
 4.文化,社会的価値,会計
 5.会計の変化に対する国際的圧力
 要  約
  □議  論
  □研究問題
  □事例:General Motors と日本の統合化 対 中国の統合化
  [参考文献]

第3章 財務会計の国際比較?
  □本章の目的
  □学習のポイント
 はじめに
 1. アングロ・アメリカ諸国の会計
 2.北欧諸国の会計
 3.ゲルマン諸国の会計
 4.ラテン諸国の会計
 5.アジア諸国の会計
 要  約
  □議 論
  □研究問題
  □事例:会計報告基準と税制
  [参考文献]

第4章 財務会計の国際比較?
  □本章の目的
  □学習のポイント
 はじめに
 1.アングロ・アメリカ会計
 2.ラテン・アメリカ
 3.アジア
 4.東 欧
 要  約
  □議  論
  □研究問題
  □事例:発展途上国の会計基準
  [参考文献]

第5章 財務諸表の国際比較分析
  □本章の目的
  □学習のポイント
 はじめに
 1.会計の国際的相違と財務諸表分析
 2.諸外国の会計原則における主要な差異
 3.アメリカおよびイギリスの会計上の相違の影響:定量分析
 4.利益測定の観点からみた世界各国
 5.国際比較分析
 6.国際的な相違と証券市場
 7.測定上の相違に影響する要因
 8.世界的な会計の統合
 要  約
  □議  論
  □研究問題
  □事例:Hanson と ICI(イギリス)の財務諸表分析
  [参考文献]

第6章 透明性と情報開示
  □本章の目的
  □学習のポイント
 はじめに
 1.透明性の意味
 2.企業報告書における情報開示
 3.国際的な情報開示規制
 4.企業報告の傾向
 5.企業の概要に関する情報
 6.経営の概要
 7.財務の概要
 8.報告の頻度と適時性
 9.透明性に対する要求の高まり
 要  約
  □議  論
  □研究問題
  □事例:Stora Enso とVersel プロジェクト―持続可能性のモデル
  [参考文献]

第7章 会計基準の国際的統合化
  □本章の目的
  □学習のポイント
 はじめに
 1.政  府
 2.労働組合および従業員
 3.投資家
 4.銀行と与信者
 5.会計士と監査人
 6.国際的調和化および開示に関する議論
 要  約
  □議  論
  □研究問題
  □事例:ヨーロッパのIFRS 採用
  [参考文献]

第8章 企業結合,のれんおよび無形資産
  □本章の目的
  □学習のポイント
 はじめに
 1.連結財務諸表
 2.資金計算書ないしはキャッシュ・フロー計算書
 3.ジョイント・ベンチャーの会計
 4.のれんと無形資産
 5.のれん
 6.ブランド,商標,パテントおよび類似無形資産
 7.研究開発費
 要  約
  □議  論
  □研究問題
  □事例:Vodafone の経営展開
  [参考文献]

第9章 セグメント報告
  □本章の目的
  □学習のポイント
 はじめに
 1.セグメント情報の利用者と使用目的
 2.セグメント報告のベネフィット
 3.セグメント報告のコスト
 4.国際財務報告基準
 5.世界のセグメント会計規制
 6.セグメント報告の諸問題
 要  約
  □議  論
  □研究問題
  □事例:BMW
  [参考文献]

第10章 外貨の会計
  □本章の目的
  □学習のポイント
 はじめに
 1.外国為替の基礎
 2.外貨建取引
 3.外貨建財務諸表の換算
 4.換算方法の概要
 5.国際会計基準
 6.アメリカにおける歴史的発展
 7.統合化
 要  約
  □議  論
  □研究問題
  □事例:Coca-Cola(アメリカ)
  [参考文献]

第11章 コーポレート・ガバナンスとグローバル経営
  □本章の目的
  □学習のポイント
 はじめに
 1.グローバル戦略上の問題
 2.非公式で複雑なメカニズム
 3.組織構造
 4.コーポレート・ガバナンス
 5.コーポレート・ガバナンスの国際的な重要性
 6.国際的なコーポレート・ガバナンス実務に関する研究
 7.コーポレート・ガバナンスの国別相違
 8.内部統制
 9.多国籍企業における情報技術の役割
 10. 企業戦略,組織構造および会計の機能
 要  約
  □議  論
  □研究問題
  □事例:Royal Dutch/Shell の不祥事
  [参考文献]

第12章 国際監査における諸問題
  □本章の目的
  □学習のポイント
 はじめに
 1.会計および監査の職業専門家
 2.グローバルな監査サービスおよび国際監査の課題
 3.監査の課題:地域特有のビジネス実務および習慣
 4.監査の課題:通貨,言語,および法律
 5.監査の課題:地理的隔たりと監査サービスを提供する際の組織化
 6.監査の課題:監査人に関する国際的多様性,有用性,
 7.グローバルな会計事務所
 8.監査基準
 要  約
  □議  論
  □研究問題
  □事例:Lucas International ―― MNE監査の調整
  [参考文献]

  訳者あとがき

  索  引


著者プロフィール <著者紹介>
リー・H・ラデボー

シドニー・J・グレイ

アーヴィン・L・ブラック


<監訳者紹介>
小津稚加子

























著者紹介

リー・H・ラデボー(らでぼー りーえいち)

シドニー・J・グレイ(ぐれい しどにーじぇい)

アーヴィン・L・ブラック(ぶらっく あーう゛ぃんえる)

小津 稚加子(おづ ちかこ)