商業簿記のエッセンス

  • 書籍品切れ中

山本 誠
谷岡 弘二
塩塚 武康
坂手 啓介
和田 伸介
矢部 孝太郎
林 幸治
定価:3,300円(税込)

発行日:2011/04/15
A5判 / 274頁
ISBN:978-4-502-04110-5

ただいま品切れ中です

入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

  • ただいま品切れ中です

    入荷をお待ちの方は、
    お気に入りリストへご登録ください

本の紹介
商業簿記の基礎をやさしく解説したテキスト。各章末に練習問題を多数収録し、また最終章で手続きの全体像が把握できる演習問題を配し、体系的に理解できるよう工夫している。

目次


商業簿記のエッセンス
目次

第1章 簿記とは何か
 1 簿記の目的
 2 簿記の種類
 3 簿記の歴史
 4 帳簿の記入方法
  1 文字
  2 数字
  3 罫線
  4 記号
  5 訂正の仕方

第2章 複式簿記の原理
 1 取引と仕訳
  1 取引とは
  2 勘定科目と仕訳の形式
  3 勘定科目の5つの要素と仕訳
 2 仕訳と利益計算
  1 利益計算の仕組み
  2 収益・費用と利益計算
  3 資産・負債・資本と利益計算
 3 表から見る複式簿記の原理
  1 試算表とは
  2 精算表とは
  3 貸借対照表と損益計算書

第3章 勘 定
 1 資産勘定
 2 流動資産
  1 現金勘定
  2 現金過不足
  3 小口現金勘定
  4 当座預金勘定
  5 売上債権
  6 その他の金銭債権
  7 有価証券勘定
  8 棚卸資産
  9 その他の流動資産
 3 固定資産
  1 固定資産の種類
  2 購入と売却の処理
  3 固定資産購入後の支出
 4 負債勘定
  1 仕入債務
  2 その他の負債
 5 資本勘定
  1 資本の元入れと利益額の追加 
  2 資本の引出しと損失額の控除
 6 収 益
  1 営業収益
  2 営業外収益
  3 特別利益
 7 費 用
  1 営業費用
  2 営業外費用
  3 特別損失

第4章 帳簿組織
 1 帳簿の役割
 2 帳簿の種類
 3 仕訳帳システム
  1 単一仕訳帳システム
  2 複合仕訳帳システム
 4 帳簿の形式

第5章 有価証券
 1 有価証券の購入
 2 有価証券の評価
 3 有価証券の売却
 4 有価証券の配当と利息
 5 有価証券の期末評価

第6章 手  形
 1 手形の種類
  1 約束手形
  2 為替手形
 2 手形取引の仕訳
  1 約束手形の仕訳
  2 為替手形の仕訳
 3 特殊な手形取引の仕訳
  1 手形の裏書譲渡
  2 手形の割引

第7章 商品勘定
 1 分記法と総記法
  1 分記法
  2 総記法
 2 分割法
 3 仕入帳と売上帳
  1 仕入帳
  2 売上帳
 4 商品有高帳
  1 個別法
  2 平均原価法
  3 先入先出法
  4 後入先出法
  5 最終仕入原価法
 5 棚卸減耗費と商品評価損
  1 棚卸減耗費
  2 商品評価損

第8章 減価償却
 1 減価償却とは何か
 2 減価償却の対象
 3 減価の原因
 4 減価償却の計算方法
  1 定額法
  2 定率法
  3 生産高比例法
 5 減価償却の記帳方法
 6 収益的支出と資本的支出
 7 固定資産の売却と除去
 8 固定資産台帳

第9章 経過勘定
 1 収益・費用の繰り延べと見越し
 2 収益・費用の繰り延べ
  1 収益の繰り延べ
  2 費用の繰り延べ
 3 収益・費用の見越し
  1 収益の見越し
  2 費用の見越し
 4 再振替仕訳
 5 消耗品の会計処理
  1 購入時に全額費用計上する場合
  2 購入時に全額資産計上する場合

第10章 租税関係勘定の処理
 1 個人企業の税金
 2 所得税
 3 住民税
 4 事業税
 5 固定資産税
 6 未払税金
 7 印紙税
 8 消費税
 9 不動産取得税
 10 自動車取得税
 11 その他の税金

第11章 伝  票
 1 勘定への記録手続
 2 伝票記入
  1 1伝票制
  2 3伝票制
  3 5伝票制
 3 帳簿への転記
  1 個別転記と合計転記
  2 仕訳集計表と合計転記

第12章 決算予備手続
 1 試算表の作成
  1 合計試算表
  2 残高試算表
  3 合計残高試算表
 2 棚卸表の作成
 3 精算表の作成

第13章 決算本手続
 1 英米式決算法
 2 大陸式決算法
 3 決算財務諸表の作成手続

第14章 記帳演習

 練習問題解答


著者プロフィール 《執筆者一覧》
山 本  誠
早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程修了
現 在 大阪商業大学総合経営学部教授
《著書》
『情報社会の会計課題』[編著]
『現代商業簿記講義』[共著](以上,中央経済社),他。

谷 岡   弘 二
大阪商業大学大学院地域政策学研究科博士後期課程修了
現 在 大阪女子短期大学生活科学科教授
《著書》
『情報社会の会計課題』[共著]中央経済社
『新会計基準による財務会計論』[共著]創成社,他。

塩 塚   武 康
九州大学大学院経済学研究科博士後期課程修了
現 在 大阪商業大学総合経営学部准教授
《著書》
『情報社会の会計課題』[共著]
『現代商業簿記講義』[共著](以上,中央経済社),他。

坂 手   啓 介
関西学院大学大学院商学研究科博士後期課程修了
現 在 大阪商業大学総合経営学部准教授
《著書》
『管理会計概論』[共著]中央経済社
『戦略的プロセス・マネジメント』[共著]税務経理協会,他。

和 田   伸 介
九州大学大学院経済学府博士後期課程修了
現 在 大阪商業大学総合経営学部准教授
《著書》
『情報社会の会計課題』[共著]中央経済社
『管理会計の国際的展開』[共著]九州大学出版会,他。

矢 部 孝 太 郎
同志社大学大学院商学研究科博士後期課程修了
現 在 大阪商業大学総合経営学部准教授
《著書》
『情報社会の会計課題』[共著]中央経済社
『複式簿記入門』[共著]税務経理協会,他。

林   幸 治
明治大学大学院経営学研究科博士後期課程修了
現 在 大阪商業大学総合経営学部専任講師
《著書》
『スモールビジネスハンドブック』[編著]ビーケイシー
『スモールビジネスの財務』[共著]中央経済社,他。






















著者紹介

山本 誠(やまもと まこと)

谷岡 弘二(たにお かこうじ)

塩塚 武康(しおつか たけやす)

坂手 啓介(さかて けいすけ)

和田 伸介(わだ しんすけ)

矢部 孝太郎(やべ こうたろう)

林 幸治(はやし こうじ)

担当編集者コメント
大学の初級レベルのテキスト。
14章構成なので、セメスターの授業にも対応できます。