取締役会評価のすべて―取締役会の実効性を高めるための実務と課題

高山 与志子
定価:2,970円(税込)

発行日:2020/01/17
A5判 / 256頁
ISBN:978-4-502-33441-2

送料について
本の紹介
取締役会評価の項目、プロセス、定量・定性分析等の実務、取締役会運営の課題と対応、事務局の役割ほか、企業価値向上に資する視点を多数提供。取締役会の今後がわかる一冊。

目次



取締役会評価のすべて
―取締役会の実効性を高めるための実務と課題
目次

第1章 コーポレートガバナンス・コードと取締役会評価
 1.1 コーポレートガバナンス・コード策定の過程
 1.2 コーポレートガバナンス・コードと取締役会
 1.3 取締役会評価導入までの経緯とその後の状況
  ① コーポレートガバナンス・コード導入以前の状況
  ② コーポレートガバナンス・コードの有識者会議における議論
  ③ コーポレートガバナンス・コードにおける取締役会評価
  ④ 両コードのフォローアップ会議における取締役会評価に関する
    議論
  ⑤ 改訂コーポレートガバナンス・コードにおける取締役会評価

第2章 世界における取締役会評価の発展の経緯
 2.1 海外の主要国における取締役会評価の発展の経緯と現状
 2.2 英国における取締役会評価
  ① コーポレートガバナンス関連コードの変遷
  ② 取締役会評価の実施状況の推移
 2.3 米国における取締役会評価

第3章 日本及び海外の取締役会評価の現状と今後
 3.1 コーポレートガバナンス・コード制定後の日本企業の状況
  ① 当初見られた誤解
  ② 取締役会評価の実施状況
  ③ 日本における評価の特異性と欧米との違い
 3.2 英国における取締役会評価の現状
  ① 第三者評価の質に対する関心の高まり
  ② 第三者評価に関する原則・コード策定の動き
 3.3 取締役会評価の今後の変化
  ① 第三者評価に対する関心
  ② 個人評価に対する考え方

第4章 取締役会評価の実務
 4.1 取締役会評価のフレームワーク
 4.2 評価項目
 4.3 自己評価と第三者評価
  ① 自己評価のプロセス
  ② 第三者評価のプロセス
  ③ 自己評価と第三者評価の比較
  ④ 第三者機関の状況

第5章 取締役会評価と取締役会の実効性
 5.1 取締役会評価の結果と取締役会の実効性との関係
 5.2 取締役会評価と企業不祥事
 5.3 取締役会評価がもたらすもの
 5.4 取締役会事務局から見る取締役会評価の役割

第6章 取締役会評価の事例から見る取締役会の課題と対応
 6.1 開示の事例から見る課題と対応
 6.2 第三者評価の事例から見る課題と対応
  ① 社外取締役に関する課題
  ② 社内取締役に関する課題
  ③ 議長に関する課題
  ④ 委員会と取締役会のコミュニケーションに関する課題
  ⑤ 経営会議に関する課題

第7章 取締役会の運営・議論の状況
 7.1 取締役会の運営
  ① 事前説明の実施・取締役会以外での議論の場の設置
  ② 所要時間
  ③ 時間配分
  ④ 議題の内容
  ⑤ 資料の内容
 7.2 取締役会の議論・発言
  ① 社外取締役の発言
  ② 社内取締役の発言
 7.3 取締役会事務局の状況
  ① 日本企業の状況
  ② 海外の状況
  ③ 取締役会評価における事務局の役割

第8章 投資家から見る取締役会評価とその課題
 8.1 投資家から見る取締役会評価
  ① 国内投資家から見る取締役会評価
  ② 両コードのフォローアップ会議での議論
  ③ 海外投資家から見る取締役会評価
 8.2 取締役会評価の開示
  ① 投資家から見る取締役会評価の開示
  ② 企業から見る取締役会評価の開示
 8.3 取締役会評価と議決権行使
  ① 取締役会評価と取締役選任議案
  ② 取締役会評価の開示の時期

第9章  コーポレートガバナンスをめぐる企業と投資家の対話
 9.1 平時における対話
  ① 対話の内容
  ② 投資家の見方
  ③ 対話の責任者
  ④ ガバナンスとコーポレートガバナンス
 9.2 有事における対話

第10章 取締役会評価に関するQ&A
 10.1 取締役会評価に関する質問全般
 10.2 取締役会評価・取締役会に関する100問100答
  ① 取締役会評価の手法・内容
  ② 第三者評価
  ③ 取締役会評価の結果とその対応
  ④ 取締役会評価の結果と企業パフォーマンス
  ⑤ 取締役会評価の開示
  ⑥ 投資家との対話全般
  ⑦ 国内投資家から受けた質問
  ⑧ 取締役会の状況
  ⑨ 海外の状況
 参考資料:取締役会評価の開示例
 参考文献



著者プロフィール
高山 与志子


著者紹介

高山 与志子(たかやま よしこ)