会計研究者として活躍する女性たち―輝ける未来へ向けて

北村 敬子 編著
定価:5,060円(税込)

発行日:2018/01/26
A5判 / 276頁
ISBN:978-4-502-25061-3

送料について
本の紹介
日本の女性会計研究者の現状と課題を研究面を中心に検討・分析。女性をとりまく研究環境や、先駆者たちの足跡、研究業績の実態などを調査し、女性研究者の今後を展望する。

著者紹介

北村 敬子(きたむら けいこ)
1945年生まれ
中央大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学
中央大学商学部教授 

[主な著書]
『財務報告のためのキャッシュフロー割引計算』(今福愛志との共編著,中央経済社,2000年)
『企業会計の計算構造』(共編著,中央経済社,2012年)他

[主要論文]
「割引現在価値測定と公正価値」『企業会計』第62巻12号(2010年)
「公正価値測定の意義とそこに内在する限界」日本会計研究学会特別委員会報告書『公正価値測定の意義とその限界』(2011年)所収 他