会計

事業継続計画による企業分析

立ち読み

定価:4,180円(税込) 送料について

発行日:2013-11-26
A5判/226頁
ISBN:978-4-502-08320-4

  • 中級
  • 上級
  • 学生
  • 専門家
  • 研究書

紹介文

東日本大震災を契機に企業の事業継続計画(BCP)への関心が高まっている。そこで、本書は、BCP開示企業の特徴を把握し、BCPに関する情報開示の効果を解明する。

目次

近年、東日本大震災や新型インフルエンザの感染拡大を契機に、企業や投資家の「事業継続計画(BCP)」への関心が高まっています。
そのような中、本書のねらいは、事業継続計画開示企業の特徴を把握し、事業継続計画に関する情報開示の効果を明らかにすることにあります。
本書の主な貢献は、以下の3点です。

1.投資家による企業評価に新たな視点を提供
今までの企業評価において定性的なリスク事項はあまり反映されていませんでしたが、東日本大震災の教訓から、投資家は有事に備えたサプライチェーンの把握や耐久性の強化、およびこれらを支える仕組みとしてのBCP構築を企業に求めています。その点でBCPを開示している企業をどのように評価に反映するかという新たな視点を提供しています。

2.経営プロセスにおけるステークホルダーとの関係を分析
BCPは、サプライチェーンにおける供給責任への対応や企業が被災時においても可能な限り事業を継続することで地域雇用を維持するといった従業員への対応が重要な要素です。そのため、BCPの開示効果の分析を通じて、経営プロセスにおけるステークホルダーとの関係を構築する重要性が示されています。また、BCPによるリスクへの対応をステークホルダーに的確に説明するという情報開示のあり方に対しても新たな示唆を与えています。

3.リスク情報開示研究の課題に対する新たな示唆
会計学上の観点から、①情報開示の決定要因、②企業のリスク管理行動に与える影響の解明、③マネジメントの開示効果の3点について新たな示唆を得ることで、開示制度に対して何らかの貢献ができる可能性を示唆しています。

会計分野の研究者のみならず、企業の経営者、リスクマネジメント・IR関連部署の実務家に必須の内容です。

関連書

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。