会計

中小企業の会計制度―日本・欧米・アジア・オセアニアの分析

立ち読み

定価:4,840円(税込) 送料について

発行日:2015-03-27
A5判/320頁
ISBN:978-4-502-13841-6

  • 中級
  • 上級
  • 専門家
  • 研究書

紹介文

2009年に中小企業版IFRSが公表されたことをうけて、各国で中小企業会計に関する議論が活発化している。本書はその影響を通じて、日本・諸外国の制度的実態を究明。

目次

本書は、2009年にIASBより公表された「中小企業版IFRS」に着目して、その特質を浮き彫りにするとともに、それが日本を含む各国の会計制度にどのような影響を与えているかをもとに、各国の中小企業会計の制度的実態を明らかにしています。

本研究により、IFRSを導入した多くの国々でも、中小企業の会計基準としては中小企業版IFRSを採用することなく、伝統的な自国の基準を簡素化して適用していることが明らかにされています。
これにより、武田先生が提唱し、河﨑先生をはじめとした諸先生方が中小会計要領として結実させた中小企業会計の方向性が、国際的な制度比較の観点からも正しい方向であることが証明されたと思われます。

また、日本にはその内容・実態がかならずしも明確に伝わっていない中小企業会計制度について世界16か国(地域・日本も含む)の制度を明らかにしている点も、大きな意義があると考えます。

関連書

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。