税法

プログレッシブ税務会計論Ⅰ〈第2版〉―法人税法と会計諸原則

立ち読み

定価:3,564円(税込) 送料について

発行日:2018-09-26
A5判/284頁
ISBN:978-4-502-27881-5

紹介文

法人税と会計学との関係を学習するのに最良な教科書。企業会計原則のどの部分がどのように法人税法に影響を及ぼし得るのかを、一般原則ごとに具体的に解説。収益認識対応版。

収益認識基準の公表を受けた平成30年度法人税法改正対応版! !

法人税と会計学との関係を学習するのに最良な教科書。
企業会計原則のどの部分がどのように法人税法に影響を及ぼし得るのかを、一般原則ごとに具体的に解説。

企業会計原則の考え方が法人税法上の収益や原価・費用・損失の計算に当然に影響を及ぼすと
考えられてきたきらいがあると思われます。しかし、同原則のどの部分が、どのように法人税法に
影響を及ぼし得るのかという点についての具体的な検証が十分になされてきたとは必ずしもいえない
のではないかという問題関心を出発点として、本書では、一つひとつの一般原則と法人税法との関係を詳述しています。
また、知識の整理や体系的な理解に役立つように、「☞」において用語や概念について丁寧に解説し、
「☑」において判例・学説等の考え方をわかりやすくまとめています。

【目次】

第1部 法人税法と会計学総論
 第1章 会計および会計学概論
 第2章 収益・費用・資本概論
 第3章 費用収益対応の原則と法人税法
第2部 一般原則と法人税法
 第4章 真実性の原則と法人税法
 第5章 正規の簿記の原則と法人税法
 第6章 資本取引・損益取引区分の原則と法人税法
 第7章 明瞭性の原則と法人税法
 第8章 継続性の原則と法人税法
 第9章 保守主義の原則と法人税法
 第10章 単一性の原則と法人税法

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。