アジア進出・撤退の労務―各国の労働法制を踏まえて

森 倫洋
松井 博昭
西村あさひ法律事務所アジアプラクティスグループ
定価:4,180円(税込)

発行日:2017/06/23
A5判 / 360頁
ISBN:978-4-502-20861-4

送料について
本の紹介
ビジネスで結び付きの深いアジア諸国について、国別に進出・撤退時の制度と運用を解説する。現地で幅広く活躍する弁護士も執筆者に加わり、信頼できる最新の情報を提供する。

目次



アジア進出・撤退の労務

目次

第1章  アジアにおける労働法と企業の進出・撤退
 1 はじめに
 2 アジア地域における労働法
 3 アジア諸国への進出,労務管理,撤退に際して労働法上
   留意すべきポイント
 4 まとめに代えて
 ●アジア各国の労働法制対比表

第2章  中 国
 1 労働法令についての留意すべきポイント
 2 進出に際して留意すべきポイント
 3 撤退及び事業規模の縮小に際して留意すべき事項
 COLUMN  労使間約定による社会保険の不加入のリスク
         撤退時における協力従業員の確保

第3章  インド
 1 労働関係法令についてのポイント
 2 進出に際して留意すべきポイント
 3 撤退に際して留意すべきポイント

第4章  インドネシア
 1 労働法令について留意すべきポイント
 2 進出に際して留意すべきポイント
 3 撤退に際して留意すべきポイント
 COLUMN  外国人労働者労働者が就任できない                    「Chief Executive Officer(Kepala Eksekutif Kantor)」
        到着ビザ等での就労

第5章  ベトナム
 1 労働関係法令についてのポイント
 2 進出に際して留意すべきポイント
 3 撤退に際して留意すべきポイント
 COLUMN  採用時の身元・経歴確認は慎重に
        違法解雇や不当な退職強制は刑事罰の対象に

第6章  タ イ
 1 労働法令について留意すべきポイント
 2 進出に際して留意すべきポイント
 3 解雇撤退に際して留意すべきポイント
 COLUMN  現地での労働者の雇用
        当局の裁量
        「不可抗力」の考え方
        タイにおける労務管理
        タイのストライキ事情

第7章  シンガポール
 1 労働関係法令についてのポイント
 2 進出に際して留意すべきポイント
 3 撤退に際して留意すべきポイント
 COLUMN  使用者寄りの労働法制
        シンガポールにおける女性の社会進出
        Job Hopping
        撤退と休眠会社
        「適切な調査」について
        人材省に対する不服申立

第8章  マレーシア
 1 労働法令について留意すべきポイント
 2 進出に際して留意すべきポイント
 3 撤退に際して留意すべき事項
 COLUMN ブミプトラ政策について

第9章  ミャンマー
 1 労働法令について留意すべきポイント
 2 進出に際して留意すべきポイント
 3 撤退に際して留意すべきポイント
 COLUMN  日本企業の進出形態について
        賃金からの源泉徴収について
        契約期間をめぐる実務
        ミャンマーからの「撤退」について

第10章  フィリピン
 1 労働法令について留意すべきポイント
 2 進出に際して留意すべきポイント
 3 事業の縮小及び撤退に際して留意すべきポイント
 COLUMN  フィリピンにおける労働組合
        最低賃金と福利厚生について
        就業規則の不利益変更
        退職合意について

第11章  香 港
 1 労働法令について留意すべきポイント
 2 進出に際して留意すべきポイント
 3 撤退に際して留意すべきポイント




著者プロフィール
1.総 論   
  森 倫洋(もり みちひろ)
  松井 博昭(まつい ひろあき)
2.中 国  
  野村 髙志(のむら たかし)
  中島 あずさ(なかしま あずさ)
  張 翠萍(Zhang, Cuiping)
  六川 美里(ろくかわ みさと)
  廬 月亭(Lu, Yueting)
  郭 望(Guo, Wang)
3.インド   
  今泉 勇(いまいずみ いさむ)
  鈴木 多恵子(すずき たえこ)
4.インドネシア
  吉本 祐介(よしもと ゆうすけ)
  町田 憲昭(まちだ のりあき)
5.ベトナム
  小口 光(おぐち ひかる)
  福沢 美穂子(ふくざわ みほこ)
  大矢 和秀(おおや かずひで)
6.タ イ
  小原 英志(おばら ひでし)
  下向 智子(しもむかい ともこ)
  Tomoyoshi Jai-ob-orm(トモヨシ・ジャイオブオーム)
7.シンガポール
  山中 政人(やまなか まさと)
  吉本 智郎(よしもと ともろう)
8.マレーシア
  山中 政人(やまなか まさと)
  眞榮城 大介(まえしろ だいすけ)
  小山 晋資(こやま しゅんすけ)
9.ミャンマー
  湯川 雄介(ゆかわ ゆうすけ)
  桜田 雄紀(さくらだ ゆうき)
10.フィリピン
  佐藤 正孝(さとう まさたか)
11.香 港
  岡田 早織(おかだ さおり)
  大槻 由昭(おおつき よしあき)



















著者紹介

森 倫洋(もり ともひろ)

松井 博昭(まつい ひろあき)

西村あさひ法律事務所アジアプラクティスグループ(にしむらあさひほうりつじむしょあじあぷらくてぃすぐるーぷ)