税法

“調書制度”でどう変わる?国外財産の税務Q&A―所得税・相続税・贈与税のポイント

立ち読み

定価:2,860円(税込) 送料について

発行日:2013-02-08
A5判/208頁
ISBN:978-4-502-06520-0

  • 中級
  • 上級
ただいま品切れ中です
入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

紹介文

24年度改正の国外財産調書制度創設で、個人が海外に持つ不動産や株式等の財産の把握が徹底される。国外財産の税務を確認し、適切な申告・プランニングをするための一冊。

目次

国外財産調書制度とは、5,000万円を超える国外財産を持っている人は、氏名・住所・国外財産の種類・数量・価額などを税務署に提出しなくてはならないという制度です。
これまで把握されにくかった国外財産を、税務当局はきちんと把握していく方向性であり、国外財産に関する税務をしっかりと確認するために、ぴったりな一冊です。

関連書

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。