税法

あっそうか!ビジネス法人税のちょっと深い話

立ち読み

定価:2,160円(税込) 送料について

発行日:2012-12-21
A5判/192頁
ISBN:978-4-502-06500-2

  • 入門書
  • 中級

紹介文

「有税償却だから税金増えるね」これは間違い?ビジネスを取り巻く税金知識には様々な勘違いが都市伝説化しています。上辺だけでなく深掘りした50話とチェック問題を収録。

目次

「有税償却」や「繰延税金資産」という言葉を最近は新聞紙上でもよく見かけます。経済専門紙ではとくに。
では、実のところ、新聞を読んでいる方々が、どこまで理解しているのか、また、記事を書いた記者がどこまで理解しているのか、多少疑問です。
なぜか、と言えば、この2つの用語を理解できているとすれば、その方は、税務はもちろん、会計もある程度マスターされているということです。

知っているつもりだけど、実は自信が無い方が結構いるはずです。
とはいえ、「いまさら聴けないよ」って方に打って付けの本が出来ました。

弊社ならではの、中級レベル?の入門書ってとこかな。
奥歯に挟まった魚の骨がようやく取れた感じですよ。


書店で税金関連の棚を見渡すと、平易な入門書と難解な専門書ばかりで、ビジネスマンが、ぜひとも押さえておきたい法人税の重要な話に焦点を当てた適当なレベルの本に出会えません。

例えば、ビジネスマンに限らず、経営者にとっても重要な「有税処理」の本質について、税務の観点から説明している
本も見かけません。
また、キャッシュフロー、実効税率、繰延税金資産などについても、誤った都市伝説を盲信されている方が多いようです。

ちょっとハイレベルかもしれませんが、
絶対に損はさせませんよ。

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。