検定簿記講義/1級工業簿記・原価計算 上巻〈2022年度版〉

岡本 清 編著
廣本 敏郎 編著
定価:1,980円(税込)

発行日:2022/04/26
A5判 / 260頁
ISBN:978-4-502-84523-9

送料について
本の紹介
日商簿記検定に完全準拠した受検テキストの超ロングセラー。2021年12月に公表された出題区分表をフォローして改訂。巻末の過去問題は最新3回分を収録。

目次

第 1 章 総説
  1 工業経営の特質と組織
  2 工業簿記
  3 原 価
  4 原価計算

第 2 章 工業簿記の構造
  1 勘定体系
  2 帳簿組織
  3 決算手続
  4 財務諸表
  5 予算財務諸表

第 3 章 費目別計算
  1 材料費計算
  2 労務費計算
  3 経費計算

第 4 章 製造間接費計算
  1 製造間接費の実際発生額
  2 製造間接費の正常配賦
  3 配賦差額の分析
  4 配賦差額の処理

第 5 章 部門別計算
  1 部門別原価計算の意義と目的
  2 部門費の集計
  3 補助部門費の製造部門への配賦
  4 部門別製造間接費の正常配賦

第 6 章 個別原価計算
  1 個別原価計算の意義と特徴
  2 個別原価計算の記帳
  3 仕損費の計算と処理
  4 作業屑の処理
  5 工事契約およびソフトウェアの受注制作契約の原価計算

第 7 章 総合原価計算
  1 総合原価計算の意義と種類
  2 単純総合原価計算
  3 工程別総合原価計算
  4 組別総合原価計算
  5 等級別総合原価計算

第 8 章 副産物と連産品の計算
  1 副産物と連産品の意義
  2 副産物等の処理と評価
  3 連産品の原価計算と記帳

第 9 章 標準原価計算
  1 標準原価計算の意義と目的
  2 標準原価計算の方法
  3 標準原価差額の原因分析
  4 標準原価差額の会計処理

第1 0 章 工場会計の独立
  1 本社会計・工場会計の独立とその意義
  2 本社・工場会計と取引
  3 本社・工場会計と決算

練習問題 解答・解説

日商簿記検定試験の概要
商工会議所簿記検定試験出題区分表

著者紹介

岡本 清(おかもと きよし)

廣本 敏郎(ひろもと としろう)
[プロフィール]
1952生まれ
一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学
元一橋大学大学院商学研究科教授
現公認会計士・監査審査会常勤委員 博士(商学)

[主な著作]
“Another Hidden Edge: Japanese Management Accounting,” Harvard Business Review, July-August 1988.
“Amoeba Management: Lessons From Japan’s Kyocera,” with Ralph W. Adler, MIT Sloan Management Review, Fall 2012. 他

『米国管理会計論発達史』(森山書店,1993年)
『原価計算論』(中央経済社,初版1997年,第2版2008年)
『管理会計』(共著,中央経済社,初版2003年,第2版2008年)
『日本企業の管理会計システム』(共編著,中央経済社,2012年)他