これですべてがわかる内部統制の実務〈第5版〉―上級IPO・内部統制実務士資格公式テキスト

一般社団法人日本経営調査士協会
箱田 順哉
小出 健治
矢治 博之
廣渡 嘉秀
飯室 進康
定価:4,840円(税込)

発行日:2021/10/11
A5判 / 424頁
ISBN:978-4-502-40641-6

送料について
本の紹介
上級内部統制実務士試験の公式テキスト。内部統制の実務を習得するための実務書としても有用な一冊。第5版では、CGコード改訂や東証市場再編等に対応。試験過去問も収録。

目次

第1章 内部統制の概論
1.2つの内部統制
2.内部統制とリスクマネジメント
3.内部統制とコーポレート・ガバナンス
4.内部統制とコンプライアンス

第2章 内部統制整備・運用責任者/内部統制評価責任者の職務特性
1.内部統制整備・運用/評価の流れ
2.内部統制整備・運用責任者の在り方と資質
3.内部統制評価責任者の在り方と資質

第3章 内部統制の構築・可視化の概要/体制
1.内部統制の構築・可視化の概要
2.内部統制構築プロジェクト
3.子会社への展開

第4章 全社的な内部統制
1.内部統制の基本的要素とその対応
2.全社的な内部統制の整備・運用のポイント
3.子会社への展開

第5章 決算・財務報告プロセスに係る内部統制の整備・運用
1.全社レベルの決算・財務報告プロセス
2.個別に評価する決算・財務報告プロセス
3.決算・財務報告プロセスに係る内部統制の整備・運用のポイント

第6章 業務プロセスに係る内部統制の整備・運用
1.業務プロセスにおける内部牽制機能の整備
2.業務プロセスに係る内部統制の整備・運用のポイント
3.子会社への展開

第7章 ITに係る内部統制の整備・運用
1.ITに係る内部統制の分類
2.IT全社統制
3.IT業務処理統制
4.ITに係る全般統制
5.EUCの管理
6.IT統制の整備・運用のポイント

第8章 内部統制評価の概要/体制
1.内部統制評価の概要
2.内部統制の評価体制
3.子会社・関連会社における内部統制の評価

第9章 内部統制の評価
1.内部統制評価の全体の流れ
2.全社レベルの内部統制評価
3.業務プロセスの内部統制評価
4.子会社での評価

第10章 内部統制についての報告と開示
1.内部統制の有効性の判断
2.内部統制評価の報告
3.内部統制についての開示

補章 公的組織・非営利法人の内部統制
1.公的組織・非営利法人の内部統制
2.公的組織の内部統制
3.非営利法人の内部統制

巻末資料
1.財務報告に係る全社的な内部統制に関する評価項目の例
2.上級内部統制実務士資格試験〈出題例&解答例〉

著者紹介

一般社団法人日本経営調査士協会(いっぱんしゃだんほうじんにほんけいえいちょうさしきょうかい)
[プロフィール]
企業の生産性向上を指導する職業コンサルタント資格者の養成団体として、1957年、政財界と専門家等の有志により創立された。協会が認定する「IPO・内部統制実務士(上場準備、内部統制構築・運用・評価の専門家):標準」資格、「上級IPO実務士(上場準備責任者等の高度職能資格)/上級内部統制実務士(内部統制構築・運用・評価等の高度職能資格)」、並びに「経営調査士(調査・分析等の専門家)」、「経営アナリスト(評価・研修等の専門家)」の資格は、歴史と権威のある「職業資格称号」である。

箱田 順哉(はこだ じゅんや)
[プロフィール]
公認会計士、日本公認会計士協会社外役員研修研究専門委員会専門委員長、一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会理事。あらた監査法人代表社員・プライスウォーターハウスクーパースパートナー、慶應義塾大学大学院特別招聘教授等を歴任。2010~2013年、COSO内部統制フレームワーク改訂プロジェクトに従事。現在は、社外取締役、社外監査役等に従事。

小出 健治(こいで けんじ)
[プロフィール]
有限責任 あずさ監査法人第2事業部パートナー、公認会計士。1991年朝日新和会計社(現有限責任 あずさ監査法人)入所以来、一般事業会社、金融機関、パブリックセクターなど多数の業種にかかる上場会社等の会計監査に従事するとともに、上場準備会社の内部管理体制や会計制度の整備運用を通じて株式上場を支援。

矢治 博之(やじ ひろゆき)
[プロフィール]
EY新日本有限責任監査法人第2事業部パートナー、公認会計士。監査法人中央会計事務所(のちの中央青山監査法人)に入社。現在はEY新日本有限責任監査法人所属。監査法人にて、数多くの上場会社の監査や上場準備会社の監査、アドバイザリー業務に従事する。1997年にパートナー就任。内部統制関係やIPO関係のセミナー講師を多数手がけている。

廣渡 嘉秀(ひろわたり よしひで)
[プロフィール]
株式会社AGSコンサルティング代表取締役社長。1990年センチュリー監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)入所。国際部(ピートマーウィック)に所属し、主に上場会社や外資系企業の監査業務に携わる。1994年、公認会計士登録をするとともに株式会社AGSコンサルティングに入社。2004年に専務、2006年に副社長を経て2008年より社長就任。2009年のAGS税理士法人設立に伴い同法人代表社員も兼務し、現在に至る。

飯室 進康(いいむろ のぶやす)
[プロフィール]
PwCあらた有限責任監査法人パブリック・ヘルスケアグループパートナー、公認会計士。1991年青山監査法人(現PwCあらた有限責任監査法人)入所後、製造業・小売業・情報通信業を中心に会計監査業務やIPO業務などに従事し、現在はPwCあらた有限責任監査法人パブリック・ヘルスケアグループにおいて監査業務及びアドバイザリー業務に従事。日本公認会計士協会監査・保証実務委員会内部統制監査専門委員会専門委員などを歴任し、現在、公会計委員会委員(現任)。