IPO実務検定試験公式テキスト〈第6版〉

日本IPO実務検定協会
定価:5,280円(税込)

発行日:2021/03/26
A5判 / 636頁
ISBN:978-4-502-37861-4

送料について
本の紹介
IPO実務検定試験の効率的な学習が可能になるとともに、短期間で体系的・実践的な知識が身につく、上場準備に携わる実務担当者必携の定番テキスト。東証新市場区分対応版。

目次

第1編 倫理・社会的責任

 第Ⅰ章 倫理・社会的責任



第2編 制度・コンプライアンス

 第Ⅰ章 上場の意義、メリット・デメリット

 第Ⅱ章 市場の種類

 第Ⅲ章 市場別上場審査基準

 第Ⅳ章 プレイヤー

 第Ⅴ章 会社法概論

 第Ⅵ章 金融商品取引法概論

 第Ⅶ章 コンプライアンス



第3編 上場準備実務

 第Ⅰ章 上場準備のスケジュール

 第Ⅱ章 戦略とリスク

 第Ⅲ章 コーポレート・ガバナンス

 第Ⅳ章 内部管理体制

 第Ⅴ章 ディスクロージャー

 第Ⅵ章 証券会社対応

 第Ⅶ章 証券取引所対応

 第Ⅷ章 資本政策

著者紹介

日本IPO実務検定協会(にほんあいぴーおーじつむけんていきょうかい)
上場(IPO=Initial Public Offering)準備に必要な実務能力を認定する我が国初の試験であるIPO実務検定試験®、上場後の開示(ディスクロージャー)や連結決算の能力を認定する財務報告実務検定®(開示様式理解編、連結実務演習編)、及びこれらに付随する研修制度の運営等を通じ、上場準備実務担当者や上場企業の財務報告担当者の育成・教育を担うことを目的としている。

担当編集者コメント
【第6版での主な変更点】
〇東証の市場区分の再編に係る第一次制度改正への対応
〇会社法改正への対応
〇コーポレートガバナンス・コード改訂への対応
〇その他、開示府令・会計基準や関連法令の改正への対応