税法

すらすら図解国際税務のしくみ〈改訂版〉

定価:2,530円(税込) 送料について

発行日:2019-09-12
A5判/196頁
ISBN:978-4-502-32331-7

紹介文

企業規模にかかわらず必須の知識となった国際税務の基本を見開きで図解した入門書。国内税務との違いや海外進出時の留意点等をやさしく解説。BEPS改正に対応した最新版。

目次

企業規模にかかわらず必須の知識となった国際税務の基本を見開きで図解した入門書。
国内税務との違いや海外進出時の留意点等をやさしく解説。BEPS改正に対応した最新版。

国際税務ってなに? という方が最初に読むべき1冊

◎国内税務とはなにが違うの?
◎租税条約ってなんで必要なの?
◎海外進出ってどうやるの?
◎改正でなにがどう変わったの?
◎海外勤務者がいると違うの?
◎文書化ってなにをすればよいの?
◎話題になっているBEPSってなに?

いまさら聞けない国際税務のキホンがよくわかります。

■本書の構成■

第1章 なぜいま、国際税務が必要なのか?
第2章 国際税務と国内税務ってなにが違う?
第3章 国際税務で気をつけたいキーワード
第4章 BEPSってなに?
第5章 内国法人が海外に進出する場合の注意点
第6章 外国子会社配当益金不算入制度ってなに?
第7章 外国税額控除ってなに?
第8章 タックスヘイブン対策税制ってなに?
第9章 移転価格税制ってなに?
第10章 海外勤務者がいる場合の注意点
第11章 租税条約ってなに?
第12章 外国法人または非居住者に費用を支払った場合の源泉徴収の注意点

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。