財務報告論〈第2版〉

矢部 孝太郎 編著
定価:3,190円(税込)

発行日:2020/01/17
A5判 / 288頁
ISBN:978-4-502-32911-1

送料について
本の紹介
企業会計と企業分析が同時に学べるテキスト。倫理の視点も盛り込まれ、章末問題が充実している点が大きな特徴。追加の練習問題や補助資料はウェブからダウンロード可。

目次



財務報告論(第2版)
目次

  第1部 企業会計
第1章 財務報告と会計の意義
 第1節 企業の意義 
 第2節 利害関係者 
 第3節 企業会計と財務諸表 
 第4節 財務会計の機能 
 第5節 受託責任会計とアカウンタビリティー 
 第6節 情報公開会計とディスクロージャー 
 第7節 企業集団,親会社,子会社,関連会社 …ほか
 練習問題 

第2章 連結貸借対照表
 第1節 連結貸借対照表の意義 
 第2節 連結貸借対照表の構成要素 
 第3節 連結貸借対照表の様式 
 第4節 資産 
 第5節 負債 
 第6節 純資産 
 第7節 IFRS …ほか
 練習問題 

第3章 連結損益計算書と連結包括利益計算書
 第1節 連結損益計算書と連結包括利益計算書の意義 
 第2節 連結損益計算書と連結包括利益計算書の構成要素 
 第3節 連結損益計算書 
 第4節 連結包括利益計算書 
 第5節 IFRS 
 第6節 米国会計基準 
 練習問題 

第4章 連結株主資本等変動計算書と連結キャッシュ・フロー計算書
 第1節 連結株主資本等変動計算書 
 第2節 連結キャッシュ・フロー計算書 
 第3節 IFRSおよび米国会計基準 
 練習問題 

第5章 連結財務諸表の体系と計算構造
 第1節 企業と財務報告 
 第2節 連結財務諸表の連繋(アーティキュレーション) 
 第3節 会計の基本等式 
 第4節 最終損益と利益剰余金の変動 
 第5節 クリーン・サープラスとクリーン・サープラス会計 
 第6節 資本の欠損と債務超過,倒産 
 第7節 セグメント情報 …ほか
 練習問題 

  第2部 企業情報
第6章 ディスクロージャー制度とIR情報
 第1節 企業の情報開示のための書類 
 第2節 金融商品取引法に基づく情報開示 
 第3節 有価証券報告書 
 第4節 四半期報告書 
 第5節 EDINET:有価証券報告書の入手方法 
 第6節 決算短信 
 第7節 会社法に基づく情報開示 …ほか
 練習問題 

第7章 株式会社,証券市場,コーポレート・ファイナンス
 第1節 株式会社の意義 
 第2節 証券市場の意義 
 第3節 コーポレート・ファイナンス:企業の資金調達 
 練習問題
 
第8章 企業の概況,事業の状況,M&A,持株会社
 第1節 企業の概況 
 第2節 事業の状況 
 第3節 M&A 
 第4節 持株会社 
練習問題 

第9章 設備,設備投資,減価償却,減損
 第1節 設備,生産能力・販売能力 
 第2節 設備投資 
 第3節 減価償却と済崩償却 
 第4節 固定資産の減損と減損損失 
 練習問題 

第10章 株式,株価,配当政策
 第1節 株 式 
 第2節 株 価 
 第3節 株式時価総額 
 第4節 新株予約権 
 第5節 ストックオプション制度 
 第6節 自己株式と自社株買い 
 第7節 剰余金の配当,配当政策,株式投資収益率 
 練習問題 

第11章 経営者,株式会社の機関,コーポレート・ガバナンス
 第1節 経営者と株式会社の機関 
 第2節 コーポレート・ガバナンス 
 第3節 「コーポレート・ガバナンスの状況等」の開示 
 練習問題 

第12章 企業倫理と企業の社会的責任
 第1節 企業不祥事 
 第2節 企業倫理 
 第3節 企業の社会的責任 
 練習問題 

第13章 監 査
 第1節 企業における監査の種類 
 第2節 法律で定められている監査:財務諸表監査制度
     (会計監査制度) 
 第3節 財務諸表監査の必要性のフレームワーク 
 第4節 財務諸表の虚偽表示の要因 
 第5節 監査報告書 
 第6節 監査基準 
 第7節 監査結果と監査意見 …ほか
 練習問題 

  第3部 企業分析
第14章 財務諸表分析
 第1節 財務諸表分析の目的 
 第2節 分析アプローチ 
 第3節 財務比率分析 
 第4節 デュポン・システム 
 第5節 株式投資指標 
 第6節 株価予測のフレームワーク 
 第7節 市場評価企業価値 …ほか
 練習問題 

第15章 企業価値評価
 第1節 企業価値評価のフレームワーク 
 第2節 割引現在価値 
 第3節 企業価値と株主価値 
 第4節 将来キャッシュ・フローの予測と事業価値の算定 
 第5節 企業価値評価のフレームワークの適用:資生堂を例として
 第6節 投資家による企業分析のフレームワーク 
 第7節 上場企業経営者の財務的経営目標のフレームワーク 
 練習問題 


著者プロフィール
矢部 孝太郎

著者紹介

矢部 孝太郎(やべ こうたろう)

担当編集者コメント
本書は、大企業や上場会社、グローバル企業の財務情報を読みこなし、財務諸表分析や企業分析ができるようになることを目的としている、企業会計と企業分析が同時に学べるテキストです。
本書の主な特徴は、以下のとおりです。

➊「連結財務諸表」をベースに、専門用語・基本事項・基礎知識のコンセプトとエッセンスを、コンパクトにまとめ、適切な図表や数値例を効果的に使って、ビジュアルかつわかりやすくユーザー視点で解説している点が最大の特徴です。

❷各章に「会計と倫理」という項を設けて、企業会計に関係する倫理上の問題などについて説明している点も大きな特徴です。章末問題のなかでは、「倫理問題」というケースを設けて、どのように行動したらよいかを考えたり、議論するための教材として使用することができます。

❸章末に豊富な練習問題を盛り込み、必要な資料を下記よりダウンロードすることができるので、さらに理解を深めることができます。

1.財務報告論附属資料
①企業取引の会計処理と会計数値の変化のコンセプト
②財務諸表の金額の読み方
③上場会社・連結グループの生産性分析
④EBITDAとEV/EBITDA倍率
https://www.biz-book.jp/amendments/link_file/672
  
2.章末練習問題解答用紙・解答・追加練習問題
⑤章末練習問題(第2版)-解答用紙
⑥章末練習問題(第2版)-解答
⑦追加練習問題
⑧追加練習問題解答
https://www.biz-book.jp/amendments/link_file/673

3.第14章財務諸表分析:数値例データ・一覧用プリント
⑨第14章財務諸表分析数値例プリント(第2版)
https://www.biz-book.jp/amendments/link_file/674

4.レポート課題:財務数値比較表
https://www.biz-book.jp/amendments/link_file/683

5.レポート課題:財務諸表分析
https://www.biz-book.jp/amendments/link_file/684

6.レポート課題:財務諸表分析(学生作成例)
https://www.biz-book.jp/amendments/link_file/685

【大学・セミナー等で本書をご採用くださる先生方へ】
講義用に本書に対応したパワーポイントを用意しています。
ご希望の場合は、下記のアドレスにお名前、ご所属等を明記の上、ご連絡くださいますようお願い申し上げます。
info@chuokeizai.co.jp