会計

企業と会計の道しるべ

立ち読み

定価:2,420円(税込) 送料について

発行日:2017-02-14
A5判/212頁
ISBN:978-4-502-21271-0

  • 入門書
  • 初級
  • 学生

紹介文

株式会社制度や資本市場の役割、財務会計と簿記、会計情報を利用するための経営分析や管理会計、さらに税制やCSRまで、企業と会計に関わる内容を幅広く解説するテキスト。

目次

大学1年生をはじめとした初学者向けの入門書です。
会計学の入門書は、①会計学の全体を広く・薄く、②財務会計の入門的内容、③財務諸表分析、の3タイプがありますが、本書は①の内容です。

本書の特徴としては、以下のとおり。

①「企業とは何か」がしっかり書かれている!
初学者、とくに大学1年生は「企業」「会社」といってもピンと来ない方も多いと思われます。
また、他の科目(たとえば経営学入門)で企業の説明をされているかもしれませんが、学生(読者)は縦割りで考えがちなので、その内容と会計をむすびつけられない、といった声もよく耳にします。
その点、本書は「第2章 株式会社」でしっかり解説されており、これは大きな特徴です。

②コンパクト!
本文全体で190頁と非常にコンパクトに仕上がっています。
初学者にはじめから厚いものを提供して引かれてしまうといけないので、このぐらいがよいように思います。
とはいえ、いくつかの章末にある補論は、意外とレベルが高く、本書ではじめに学習された方も、3・4年生になって読み返してみると、大きな発見があるかもしれません。
そんな読まれ方をされるといいですね。

③章末のTrainingが充実!
本文の内容を理解できたか確認できる章末問題が充実しています。

ぜひぜひご覧ください!

お詫びと訂正
https://www.biz-book.jp/amendments/link_file/561

関連書

評価

1件の評価があります。

章末のTrainingの回答がない センターさんのコメント (2018/05/28)
タイトル通りです。これでは、自分の実力がきちんと身についているのか、その最終チェックができない。

→『企業と会計の道しるべ』の解答ですが、採用いただいている先生の講義に支障がでてしまうため、あえて公表していません。
そのような事情から、本書が大学の講義でテキストとして指定されている学生の方の場合、お送りすることは出来ませんが、そうではないという場合は個別に対応いたしますので、
info@chuokeizai.co.jp
まで、お名前、郵便番号、住所をご連絡くださいますようお願いいたします。
(編集部)
評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。