中小企業BANTO認定試験 公式テキスト

公益社団法人全国経理教育協会
定価:2,200円(税込)

発行日:2019/04/12
A5判 / 252頁
ISBN:978-4-502-30051-6

送料について
本の紹介
中小企業の会計・財務の知識を軸に、ビジネスに必要な法律・コミュニケーション等の知識やスキルをはかるための新資格の公式テキスト。2020年秋にスタート予定。

目次



中小企業BANTO認定試験公式テキスト
目次

第1章 分析及び評価
 ▶1-1 企業のライフステージ
 ▶1-2 経営理念と経営戦略
 ▶1-3 経営計画の必要性
 ▶1-4 事業承継
 ▶1-5 中小企業の資金調達
 ▶1-6 企業を取り巻くリスク
 ▶1-7 外部環境分析の重要性
 ▶1-8 マクロ環境分析と業界分析
 ▶1-9 市場競合分析
 ▶1-10 外部環境分析から見たSWOT分析
 ▶1-11 内部環境分析
 ▶1-12 ヒト
 ▶1-13 モノ
 ▶1-14 カネ
 ▶1-15 情報,知的資産
 ▶1-16 企業価値評価の必要性
 ▶1-17 評価方法の種類
 ▶1-18 DCF法
 ▶1-19 時価純資産法
 ▶1-20 類似企業比較法
 ▶1-21 財務分析の意味と方法
 ▶1-22 安全性の分析
 ▶1-23 資本効率性の分析
 ▶1-24 収益性の分析
 ▶1-25 損益分岐点分析
 理解度チェック
第2章 会計及び財務
 ▶2-1 会計の意義と計算書類
 ▶2-2 中小企業会計基準
 ▶2-3 中小企業会計の特徴
 ▶2-4 収益費用の認識と測定
 ▶2-5 資産負債の分類と評価
 ▶2-6 純資産(資本)
 ▶2-7 利益概念
 ▶2-8 金銭債権債務
 ▶2-9 貸倒損失と貸倒引当金
 ▶2-10 有価証券
 ▶2-11 棚卸資産
 ▶2-12 経過勘定
 ▶2-13 固定資産
 ▶2-14 リース取引
 ▶2-15 引当金
 ▶2-16 工業簿記と原価計算
 ▶2-17 原価計算の分類要素
 ▶2-18 費目別原価計算
 ▶2-19 製造間接費会計
 ▶2-20 原価計算の種類
 ▶2-21 財務管理と管理会計
 ▶2-22 資金管理
 ▶2-23 資金の調達と運用
 ▶2-24 利益管理
 ▶2-25 予算管理
 理解度チェック
第3章 税法
 ▶3-1 法人税法の概要
 ▶3-2 青色申告と帳簿
 ▶3-3 利益と所得
 ▶3-4 益金損金
 ▶3-5 税法の減価償却方法
 ▶3-6 役員給与
 ▶3-7 交際費寄附金
 ▶3-8 欠損金の繰越し
 ▶3-9 法人税額の計算
 ▶3-10 法人税の申告納付
 ▶3-11 消費税法の概要
 ▶3-12 原則的な消費税額計算
 ▶3-13 特別な消費税額計算
 ▶3-14 消費税の申告納付等
 ▶3-15 所得税法の概要
 ▶3-16 所得税額計算と申告納付
 ▶3-17 相続税とは
 ▶3-18 相続税の基本的なしくみ
 ▶3-19 贈与税の基本的なしくみ
 ▶3-20 事業承継の際に発生する税金
 理解度チェック
第4章 経営法務
 ▶4-1 契約管理
 ▶4-2 債権管理
 ▶4-3 債権回収
 ▶4-4 企業形態としての会社
 ▶4-5 株式会社の機関
 ▶4-6 株式会社の社員としての地位=株式
 ▶4-7 株式の譲渡と相続
 ▶4-8 株主総会
 ▶4-9 取締役代表取締役取締役会
 ▶4-10 計算書類等
 ▶4-11 監査役と会計参与
 ▶4-12 会社の事業の拡大と整理
 ▶4-13 企業の不正行為と企業倫理の意義
 ▶4-14 コンプライアンス経営の実践
 ▶4-15 募集面接採用
 ▶4-16 入社手続と使用者の責務
 ▶4-17 勤怠管理(労働時間休憩休日長時間労働対策)
 ▶4-18 退職解雇(普通解雇懲戒解雇整理解雇)
 ▶4-19 内部統制とリスクへの対応
 ▶4-20 中小企業の経営力強化と内部統制
 理解度チェック
第5章 ビジネスコミュニケーション
 ▶5-1 意思疎通の重要性
 ▶5-2 温かい人間関係
 ▶5-3 言葉遣いは心遣い
 ▶5-4 目的に合った言葉遣い
 ▶5-5 顧客満足
 ▶5-6 結果を出すための電子メール
 ▶5-7 確実な情報共有ビジネス文書
 ▶5-8 商談を成功に導く企業訪問
 ▶5-9 友好関係に必須の交際業務
 ▶5-10 国際化社会のキーワード
 ▶5-11 経済に関する基礎用語1
 ▶5-12 経済に関する基礎用語2
 ▶5-13 労働環境経営の基礎用語
 ▶5-14 IT社会のリスクマネジメント
 ▶5-15 AIを活用できるIT知識
 理解度チェック
中小企業BANTO認定試験受験要項


著者プロフィール
公益社団法人全国経理教育協会

昭和31年(1956年)設立。職業教育の振興を図るため,簿記・経理および税務の教育に関する研究調査ならびにその教育に携わる者の指導育成を行い,あわせて関係諸団体と緊密に連携し,わが国の簿記経理教育の普及向上ならびに産業経済の発展および生涯学習社会の進展, 国際化に寄与することを目的とする団体である。主な事業活動として簿記能力検定をはじめ10検定を実施している。


著者紹介

公益社団法人全国経理教育協会(ぜんこくけいりきょういくきょうかい)

担当編集者コメント
中小企業の将来経営の中枢をになうべきビジネスパーソンを養成する新資格が誕生し、2020年秋から試験が実施されることとなりました。
名称は、「中小企業BANTO認定試験」!
「BANTO(読み方:ばんとう)」とは、“Business Accounting aNd Total Officer”の略称で、まさに中小企業の「番頭さん」をイメージしています。
本書は、本認定試験の公式テキストです。

今日、中小企業を取り巻く経済環境はダイナミックに変化し、「下請け構造からの脱却」「資金調達形態の変化」「ベンチャーやスタートアップ企業の立ち上げ」「事業承継問題」など解決すべき問題が山積しています。このような経済環境の変化のなかで、中小企業では、ビジネスや会計に明るく、次世代の経営を担える専門人材が強く求められています。
こうした中、中小企業における自立した経営幹部の養成を目的として、「中小企業BANTO認定試験」が誕生しました。

本認定試験は、以下の目次にしめす5分野が出題範囲です。
<目次>
第1章 分析及び評価
第2章 会計及び財務
第3章 税法
第4章 経営法務
第5章 ビジネスコミュニケーション
本書は、学習内容を1テーマ見開き2ページでコンパクトにまとめています。さらに、各章末に「理解度チェック」という正誤問題をつけて、インプットとアウトプットを1冊でカンタンにできるようにしました。
(なお、本認定試験がどのような内容かイメージしていただくため、サンプル問題を、一番下に掲載します。)

本認定試験の受験者は
・中小企業の現役経営者、次世代の後継者といった中小企業の経営幹部
・経営管理の知識を習得しようとするビジネスパーソン
・企業のサポートを行う企業機関勤務者
・中小企業で実施されている経営や会計の基礎を学ぼうとする学生
・日本でマネジメントスキルを学ぼうとする留学生
が想定されています。

本書および本認定試験を通じて、ビジネスや会計に関する正しい知識・スキル、的確な分析力・判断力を身につけましょう!

<編者紹介>
公益社団法人 全国経理教育協会
昭和31年(1956年)設立。職業教育の振興を図るため、簿記・経理および税務の教育に関する研究調査ならびにその教育に携わる者の指導育成を行い、あわせて関係諸団体と緊密に連携し、わが国の簿記経理教育の普及向上ならびに産業経済の発展および生涯学習社会の進展、国際化に寄与することを目的とする団体である。主な事業活動として簿記能力検定をはじめ10検定を実施している。

◆中小企業BANTO認定試験受験要項
https://www.biz-book.jp/amendments/link_file/617

◆サンプル問題
https://www.biz-book.jp/amendments/link_file/618