会計

スタディガイド基本簿記〈第3版〉

定価:2,376円(税込) 送料について

発行日:2019-04-09
A5判/212頁
ISBN:978-4-502-30491-0

  • 入門書
  • 初級
  • 学生

紹介文

初学者向けの簿記テキスト。日商簿記3級レベルに完全対応。第3版では、2019年6月試験から適用される日商簿記出題区分表にあわせてアップデートしてさらに充実。

商学部、経営学部などに入学すると、「簿記」は1,2年時配当科目になっていると思われます。
「簿記」というと、どんなイメージがわくでしょうか。
「数学がニガ手だからイヤだな」「会社の経理の仕事にしかかかわりがなく、経理の仕事をするつもりがないから興味がない」・・・・・・などの声も聞こえて来そうです。

しかし、簿記はこれからビジネスの世界に入っていく学生の皆さんには非常に身近で、かつ必要不可欠なスキルといえます。
たとえば、営業の仕事をする場合も、取引先の経営状況を知っておく必要がありますが、それがわかる決算書(財務諸表)は簿記をベースに作成されており、簿記の基礎を身につけることによって、より深く決算書を読むことができるのです。
また、簿記は、経済活動を記録・計算・整理する世界共通のシステムであり、企業のみならず、国・地方自治体などの会計システムとしても広く利用されています。
ですから、現代社会で活躍するビジネスパーソンには、ぜひ身につけていただきたいのです!

本書は、初学者の方を対象に、簿記の基礎知識をコンパクトにまとめています。
本書の内容をマスターできれば、日商簿記3級、全経簿記3級などの資格試験の知識のベースはできているといえますので、あとは『検定簿記ワークブック3級』などで、できるだけ問題をといて、コツをつかんでください。

<目次>
第1章 簿記の目的と種類
第2章 資産・負債・資本と貸借対照表
第3章 収益・費用と損益計算書
第4章 取引と仕訳
第5章 勘定記入と帳簿
第6章 試算表
第7章 決算手続の基礎
第8章 現金・預金
第9章 商品売買
第10章  掛け取引と貸倒れ
第11章  その他の債権・債務
第12章  手形
第13章  固定資産
第14章  費用・収益の前払・前受・未収・未払
第15章  決算と財務諸表の作成Ⅰ
第16章  株式会社の資本
第17章  株式会社の税金
第18章  決算と財務諸表の作成Ⅱ
第19章  伝票

<編著者紹介>
柳 裕治
専修大学教授 博士(商学) 税理士・会計士補
<執筆者>
石原裕也(専修大学教授)
植田敦紀(専修大学教授)
内野里美(専修大学准教授)
国田清志(専修大学教授)
櫻井康弘(専修大学准教授)
佐藤文雄(専修大学教授)
菱山淳(専修大学教授)
松本徹(専修大学准教授)

関連書

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。