税法

不動産管理会社の相続税対策―有利選択・設立・活用のポイント

立ち読み

定価:3,240円(税込) 送料について

発行日:2014-02-07
A5判/272頁
ISBN:978-4-502-07990-0

  • 中級
  • 専門家
ただいま品切れ中です
入荷をお待ちの方は、
お気に入りリストへご登録ください

紹介文

不動産オーナーの有効な相続税対策として脚光を浴びる不動産管理会社について、有利選択・設立・運営・活用・税務上の留意点を解説。サービス付き高齢者住宅についても言及。

目次

不動産オーナーにとって、個人で不動産を保有・管理していくべきか、不動産管理会社を設立して法人に不動産を保有・管理させるべきか、どちらがメリットがあるのか悩ましい問題です。

昨今の税制改正で、法人税率が下がる傾向にあり、一方所得・相続の個人課税は増税になっているので、不動産管理会社の活用メリットが上がっているのは事実です。

個人・法人どちらにも一長一短があるため、その有利選択、管理会社の設立・運営にまつわる実務をわかりやすくまとめました。

また、近年注目を浴びている「サービス付き高齢者向け住宅」(いわゆる「サ高住」)の取扱いについても解説しています。


※本書に次のような誤りがありましたので、訂正してお詫び致します。
・お詫びと訂正http://www.chuokeizai.co.jp/zeinomado/tsuiroku/post_244.html

関連書

評価

評価がありません。

評価を書き込む

すべての項目が必須です。

ニックネーム
タイトル
評価
画像認証
左の画像の英数字を入力してください。
※不正なアクセス防止の為、画像認証を行っています。